日本最古の石鳥居
日本最古の石鳥居 ホテルオークヒルから行く日帰りの旅

日本最古の石鳥居

  • 【日本最古の石鳥居】

  • 現存する日本最古といわれている石鳥居です。
  • この石の鳥居は、山形県山形市鳥居ヶ丘に
  • あります。
  • 凝灰岩で造られた鳥居で、平安時代に造られたとされています。
  • 大きさは、総高351cm、左柱の径が97.1cm、右柱の径が92.3cm。
  • 柱に貫通させた貫がみごとで見ごたえがあります。

日本最古の石鳥居

  • 【石を継ぎ合せた島木】

  • 鳥居に向かって左上端、島木の端の部分は、
  • 下端が接ぎ合わせているのがわかります。


  • どのように接ぎ合わせ、そもそもなぜ継ぎ合わせたのか。

  • 千年以上も落ちることなく現存していることも不思議です。

日本最古の石鳥居

  • 【保存修復のための工事を計画】

  • 周りは閑静な住宅街で、近くには「元木」バス停があります。
  • 現代のどこにでもありそうな日常の風景に忽然と現れる石鳥居は、
  • 一見の価値があります。
  • 2015年より保存修復のための工事を計画しているそうです。
  • 写真の姿がご覧いただけるのは、もうないのかもしれません。

日本最古の石鳥居の詳細と地図

  • 日本最古の石鳥居の詳細

  • ■ 場所/山形県山形市鳥居ヶ丘9
  • ■ 名称/鳥居(とりい) 国指定重要文化財
  • ■ 見学/随時可能
  • ■ 駐車場/無
  • ■ 蔵王温泉ホテルオークヒルからの距離/約16km

v>